1. HOME
  2. Tour
  3. そら・みち・みなと巡り
  4. episode1 世羅町~福智院

episode1 世羅町~福智院

カフェ「雪月風花 福智院」~世羅町

弘法大師が開いたと伝えられる世羅町の今高野。
その参道沿いにカフェ「雪月風花 福智院」はあります。
築 170 年というお寺の宿坊をリノベーションし、2019 年にオープン。
あまり手を加えていないという店内にはテーブル席とお座敷があり、
どの席からも緑鮮やかな庭が見渡せます。
店主の吉宗五十鈴さんがお店を切り盛りし、「できるだけ地元のものを使いたい」と、
メニューのほとんどが世羅産にこだっわたもの。
中でも、世羅茶は化学肥料や農薬を一切使わない在来のお茶で、
煎茶、ほうじ茶、和紅茶などでいただけます。
もともと世羅は茶どころで、ほんの 30 年くらい前までは
茶園が広がっていたのだとか。
また、カレーやパフェなど季節ごとに内容が変わるものや
夏のかき氷のように季節限定で楽しめるものがあり、
いつ訪れても、ちょっとした驚きがあって楽しめます。
このほか、お店でいただく世羅茶や店主がセレクトした
調味料や雑貨なども販売。
静かで豊かな時間がゆったりと流れているカフェです。

弘法大師が開いたと伝えられる世羅町の今高野。
その参道沿いにカフェ「雪月風花 福智院」はあります。
築 170 年というお寺の宿坊をリノベーションし、
2019 年にオープン。
あまり手を加えていないという店内には
テーブル席とお座敷があり、
どの席からも緑鮮やかな庭が見渡せます。
店主の吉宗五十鈴さんがお店を切り盛りし、
「できるだけ地元のものを使いたい」と、
メニューのほとんどが世羅産にこだっわたもの。
中でも、世羅茶は化学肥料や農薬を
一切使わない在来のお茶で、
煎茶、ほうじ茶、和紅茶などでいただけます。
もともと世羅は茶どころで、
ほんの 30 年くらい前までは
茶園が広がっていたのだとか。
また、カレーやパフェなど
季節ごとに内容が変わるものや
夏のかき氷のように季節限定で楽しめるものがあり、
いつ訪れても、ちょっとした驚きがあって楽しめます。
このほか、お店でいただく世羅茶や店主がセレクトした
調味料や雑貨なども販売。
静かで豊かな時間がゆったりと流れているカフェです。

福智院3D店内はこちら

そら・みち・みなとを巡る旅。

向かうは、世羅町のカフェ「雪月風花 福智院」。
案内してくれるのは、お料理と食べることが大好きな人気インスタグラマー「えみちゃん」(右)こと稲葉えみさん。
お友だちの「ことちゃん」(左)こと kotoriさんもご一緒に。

えみちゃんがご案内する撮影の舞台裏をこっそり追っかけます。では、今高野の参道入口から出発 !

この日は朝からあいにくの雨・・・。

でも、雨の参道も趣があって、なかなかでしょう ?
えみちゃんの後ろ姿も、しっとりといい雰囲気。

行ったり来たり、振り向いたり見上げたり、
撮影には時間がかかります。

ようやく、えみちゃん、福智院に到着。
それにしても、雨、上がりません。
強烈な雨男がスタッフの中にいるとかいないとか。

店内は、今と昔が不思議につながっているよう
な、静かでゆったりくつろげる空間。えみちゃ
ん、ことちゃんも「落ち着く~」を連発。

撮ってます、撮ってます。
どの位置から、どんな構図で撮ったら、映えるのか、
とても丁寧で熱心に撮影する二人。

カメラマンと、ことちゃんが、
インスタ用に撮影するえみちゃんを撮り、
その様子をまた撮ってみる。
よってたかって撮影大会。

地元の銘菓、唐まんじゅうやお漬物が揃った
「お茶うけ三種盛り」も出てきましたよ。
福智院のメニューは地元愛が強し。
「もうちょっとこっちかなぁ」
「あぁ、いいねぇ」

えみちゃん、お茶の撮影、粘ります。
おっと、季節ごとに内容が変わるという七福パフェも出てきました。
こちらは、ことちゃんが撮影しています。

カメラマンがお茶を撮影している合間に、
福智院で一番の映えスポットで、えみちゃんをことちゃんが激写。

「ここ、いいね ! 一緒に撮ろう~」

二人が撮っていたのは、じゃーん、こんな感じのところ。
座敷のテーブルにカメラを置いて撮ると、
緑がシンメトリーに写るしかけ。

ささっ、撮影の準備ができました。
どうぞ、召し上がれ~
「甘くておいしい !」
「お茶、いい香り~」
「めっちゃ食べてるんですけど、大丈夫ですか ?」
「大丈夫 ! 続けて食べててくださ~い」

「なんか、笑っちゃう」
「なんだろうね~」
 ほんと、ほんと。

ちなみに、撮影は、こんな感じ。店内いっぱい使って撮ってます。
「えみちゃん、もう一回、スプーンですくってみて」
「こんな感じですか ?」
「そうそう、じゃ、もう一回やってみようか」
「は~い」
動画の撮影は大変です。

次の撮影まで、えみちゃんは店内で販売さていれる調味料や雑貨を撮影。

お待たせ~じゃあ、撮りますよ~。
「自然に話してる感じで~」
「ときどき、外を見たりしてね~」
「しばらくカメラ回してるからね~」
こちらからは、二人の声は聞こえないのだけど・・

ずぃっと寄ってみたら、二人ともリラックスした笑顔でした。

撮影もやっと終盤です。撮影と撮影の合間は、
長~い縁側でまったり。
ずっと雨で寒くないのかしら ?
「ぜんっぜん寒くないです。大丈夫 !」

縁側で話が盛り上がっているようですね。
雨も上がってきたようです。

いよいよ、えみちゃん、この日、最後の登板です。
店主の吉宗五十鈴さんにお話をうかがいます。
お料理の得意なえみちゃん、スイーツのメ
ニューのお話に興味津々。

後ろからみるとこんな感じ。庭の緑が雨に濡れて、
一層鮮やかになったよう。

結局、一日中、雨の中の撮影となりました。
店内にあった、てるてる坊主の掛け軸に祈りを込めて、
「あしたはいい転機」になりますように。

えみちゃん、ことちゃん、お疲れ様でした。
「広島にこんなところがあるなんて、知らなかった~」
「ぜんぶ美味しくて、楽しかったです !」
「ペティキュア、ちょっと塗りが甘かった(笑)」
「私も~(笑)」