1. HOME
  2. Tour
  3. そら・みち・みなと巡り
  4. episode6 三原市~宿 NAVEL の学校

episode6 三原市~宿 NAVEL の学校

宿 NAVEL の学校~三原市

三原港から船に乗り、15 分足らずで到着する小佐木島。
三原港まで JR 三原駅から歩いて約 5 分なので、新幹線駅から
日本一近い島ともいわれています。
小佐木島は、ぐるっと歩いて一周しても 30 分ほどという
とても小さな島で、島民はわずか 5 人。
その島で唯一の宿泊施設が、ゲストハウス「宿 NAVEL の学校」です。
三原市にゆかりのある建築家が築 90 年の古民家をリノベーションし、
食事のできる「ばあちゃん食堂」 と、一戸建でメゾネットタイプの
HANARE とともに 2018 年にオープンしました。
宿の名前にある NAVEL は、島で一番多く採れる柑橘であり
名産品ということで名付けられたのだとか。
ここで提供されるメニューの食材は、ほとんど島で調達したもの。
目の前の海で獲れた魚介、無農薬で育てた野菜、そして柑橘類。
どれもとれたてで新鮮なものばかりが食卓を彩ります。
非日常を味わっていただきたいと、宿にはテレビを置いていません。
けれど、とても豊かでゆったりした時間を存分に味わうことができます。

三原港から船に乗り、15 分足らずで到着する小佐木島。
三原港まで JR 三原駅から歩いて約 5 分なので、
新幹線駅から日本一近い島ともいわれています。
小佐木島は、
ぐるっと歩いて一周しても 30 分ほどという
とても小さな島で、島民はわずか 5 人。
その島で唯一の宿泊施設が、
ゲストハウス「宿 NAVEL の学校」です。
三原市にゆかりのある建築家が
築 90 年の古民家をリノベーションし、
食事のできる「ばあちゃん食堂」 と、
一戸建でメゾネットタイプの
HANARE とともに 2018 年にオープンしました。
宿の名前にある NAVEL は、
島で一番多く採れる柑橘であり
名産品ということで名付けられたのだとか。
ここで提供されるメニューの食材は、
ほとんど島で調達したもの。
目の前の海で獲れた魚介、
無農薬で育てた野菜、そして柑橘類。
どれもとれたてで新鮮なものばかりが食卓を彩ります。
非日常を味わっていただきたいと、
宿にはテレビを置いていません。
けれど、とても豊かでゆったりした時間を存分に味わうことができます。

そら・みち・みなとを巡る旅。

今回は、周囲が 3.2km という小さな小佐木島に向かい
ます。案内してくれるのは、元気印の現役女子大生、
コトーちゃんこと古藤愛美さん(右)。旅好きのほっ
ちゃんこと上田穂菜美さんと一緒に訪れました。

小佐木島へ向かう小型船が着いていますね。
早速、乗り込みましょう。

片道 390 円。ちょっとワクワク感が出てきた二人。

あっという間に小佐木島に到着です。

上陸するところから撮影しますよー。
船酔いする暇もなく、二人とも元気いっぱいなので安
心。

柑橘畑を抜けると、ゲストハウス「宿 NAVEL の学校」
が現れました。
「港から近いね~」
「素敵なところ~」

まずは宿の母屋にある「ばあちゃん食堂」で、食事の
シーンから撮影するんですって。

ライティングもバッチリ。
おいしい匂いが漂ってきましたよ~。

お料理が出てきました !
ゲストハウスを切り盛りしている奥信さんが、目の前
の海で釣ったタコがたっぷり入っています。なんて贅
沢 !

カメラ回りました、どうぞ~。
「いただきまーす」

食事シーンの撮影は、緊張しないのかしら ? という
心配はいらないようです。

カメラの中のコトーちゃん。おいしさが伝わってきま
すねー

ここで地元、三原唯一の蔵元「酔心」のお酒が登場し
ました。
「んーー、飲みやすい !」
コトーちゃん、ほっちゃん、ご機嫌です。

おおーっと、ほっちゃん、酔いが回った ?
「だ、大丈夫です~」
ほ、ほんと ?

次は防波堤でタコ釣りに挑戦 ! 奥信さんに釣り方を
教わります。

ちょっと雲行きがあやしくなってきましたねぇ。早く釣
れてくれるといいんだけど、そんなにうまくいくかなぁ ?

ああっ ! 釣竿がしなっています ! 
これは、ひょっとして !!!

やりました、コトーちゃん ! 
「結構、重いです~!」

釣りの後は、サイクリングですよー。この日は、小佐
木島の魅力をたっぷりお届けするため、内容盛りだく
さん。コトーちゃん、初めてなのにロードレーサーを
見事に乗りこなしていました。

ほっちゃんはクロスバイクですね。自転車はゲストハ
ウスでレンタルできます。

お次は、古民家を改装して作られたアートギャラリー、
「BH2」におじゃまします。学芸員の寺川さんに作品
について解説していただきます。

いよいよラストのシーンは宿泊するお部屋でくつろぐ
ところ。このお部屋は「レモンの間」。ゲストハウス
にある 4 室すべてに柑橘の名前が付いているんですよ~。

今日は撮影シーンが盛りだくさんであったにも関わら
ず、ずっと笑顔で撮影に臨んでくれたコトーちゃんと
ほっちゃん。きっとたくさんいい画が撮れたはず !
お疲れ様でした~。